人生ギャンブル~ギャンブルだけで生きていく

ちょめブログ

ボートレース

【2020年スケジュール】ボートレースのSGとは?出場条件も解説

ボートレース初心者

  • ボートレースのSGってなに?
  • SGってどんな選手が出れるの?
  • 賞金はどのくらいもらえるの?

本記事では下記をまとめました。

  • SGとは?
  • SGの出場条件
  • 2020年のSGのスケジュール
  • 各SGの獲得賞金

 

ボートレースにおいてSGとは全ボートレーサーが目指す目標となっているのでぜひチェックしましょう。

SGとは?

競馬やボートレースなどの公営競技においてグレード制が採用されていて、ボートレースのグレードは、SG、G1、G2、G3、一般戦に分けられています。

ボートレースにおけるSG「Special Gradeの略」とは、最もグレードが高いレースのことを示します。

年に9回開催されており、それぞれ出場条件、開催場所、優勝賞金が異なります。

SGの出場条件まとめ

各SGの出場資格を表でまとめました。

SGレース名 出走資格
ボートレースクラシック 前年の優勝者(吉川元浩)
前年の全国ボートレース甲子園競走優勝者(今垣光太郎)
前年のグランプリの優勝戦出場者(6名)
前年のSG、G1、G2優勝者と優勝回数上位者
ボートレースオールスター 前年の優勝者(吉川元浩)
前年のグランプリの優勝戦出場者(6名)
開催年前期A1級を対象にしたファン投票と選考委員会の選出選手
直前のSG競走であるボートレースクラシックの優勝者
グランドチャンピオン 前年の優勝者(柳沢一)
前年のグランプリの優勝戦出場者(6名)
前年4月~当年3月までのSG優勝戦の完走者とSG予選での得点上位者
直前のSG競走であるボートレースオールスターの優勝者
オーシャンカップ 前年の優勝者(瓜生正義)
前年のグランプリの優勝戦出場者(6名)
前年5月~当年4月までのG1、G2競走の優勝戦出場者のうちポイント上位者
直前のSG競走であるグランドチャンピオン決定戦の優勝者
ボートレースメモリアル 前年の優勝者(毒島誠)
前年のグランプリの優勝戦出場者(6名)
開催場以外の23場からの推薦選手と開催施行者の希望選手
直前のSG競走であるオーシャンカップの優勝者
ボートレースダービー 前年の優勝者(毒島誠)
前年のグランプリの優勝戦出場者(6名)
前年8月~当年7月までの勝率上位者
直前のSG競走であるボートレースメモリアルの優勝者
チャレンジカップ 当年1月~10月までの年間獲得賞金ランキングの上位34名
グランプリシリーズ戦 当年1月~11月までの年間獲得賞金ランキングの19位から60位
グランプリ 当年1月~11月までの年間獲得賞金ランキングの上位18名

2020年から全国ボートレース甲子園の優勝者にSGボートレースクラシックの優先出場権を与えられることになりました。

2020年のSGスケジュールと開催場所

SGレース名 開催日程 開催地
ボートレースクラシック 2020年3月17日~22日 平和島
ボートレースオールスター 2020年5月26日~31日 住之江
グランドチャンピオン 2020年6月23日~28日 宮島
オーシャンカップ 2020年7月21日~26日 鳴門
ボートレースメモリアル 2020年8月25日~8月30日 下関
ボートレースダービー 2020年10月20日~25日 大村
チャレンジカップ 2020年11月24日~29日 蒲郡
グランプリシリーズ戦 2020年12月15日~20日 平和島
グランプリ 2020年12月15日~20日 平和島

優勝賞金

SGレース名 優勝賞金
ボートレースクラシック 3,900万円
ボートレースオールスター 3,500万円
グランドチャンピオン 3,300万円
オーシャンカップ 3,300万円
ボートレースメモリアル 3,500万円
ボートレースダービー 3,500万円
チャレンジカップ 3,300万円
グランプリシリーズ戦 1,600万円
グランプリ 1億円

年末に行われるグランプリの優勝賞金は1億円となっており、全レーサーが目指す最終目標となっています。

-ボートレース

Copyright© ちょめブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.